香りで整える生活空間

2020.07.18

 

みなさまこんにちは。

いつも三島家具のブログをお読みいただき、ありがとうございます。

 

6月から1ヶ月近く続く梅雨。

カラッと晴れる日が少なく、どんより曇りや雨ばかり。

じめじめ、しとしと、やっかいですよね。

 

湿度が高く、気分が乗らない梅雨時期。

お部屋で『 お香 』を焚いて空間をキリっと整えてみてはいかがでしょうか?

 

 

三島家具で取扱うお香メーカー

京都の老舗【 薫玉堂 】

安土桃山時代文禄三年(1594年)、本願寺出入りの薬種商として創業しました。

創業以来420余年に渡り、その時代の香りを作り続けています。

日本最古の御香調進所としての伝統を守りながら、これからも現代の暮らしに溶け込む香りを提案しています。

**薫玉堂公式HPはこちら**

 

お香の香りはどこか懐かしく、心穏やかに、癒し効果もある、不思議な力があるのではないでしょうか。

一日の始まりを爽やかに、午後の気分転換に、そして就寝前のくつろぎのひと時に。

お部屋を香りで演出することで、心地よい時間に導いてくれます。

 

 

【 薫玉堂 】の香木と香料

お香の原料は、長い年月をかけ熟成した香木や、今も薬や食用として使われている天然香料を使用しています。

自然からの贈り物といえるその妙なる香りは、人に優しいだけでなく、

調合することにより香りの世界に深みを与え、日々の暮らしに潤いと彩りを運んできます。

 

 

 

日本最古の御香調進所の【 薫玉堂 】の梅雨時期におすすめの商品をご紹介いたします。

 

〈 紙箱線香 〉おすすめNo.1

音羽の滝

清水さんの滝つぼに流れ落ちる東山三十六峰に連なる音羽山の湧水。

千年以上もとぎれることのない、清らかで涼やかな流れを連想させる香りです。

じめじめした時期に、軽めで爽やかな香りが梅雨の不快感を払拭してくれます。

 

〈 紙箱線香 〉おすすめNo.2

北山のバラ

ビロードのような花びらに朝露を抱き、あでやかに咲きこぼれる北山のバラ庭園。

甘く美麗な花の香りと活き活きとした葉や茎の香りに酔いしれます。

梅雨に濡れたピンクのバラのようなみずみずしい香りです。

お部屋が華やかな香りに包まれます。

 

〈 紙箱線香 〉おすすめNo.3

八瀬の薫衣草

八瀬に吹き渡る清らかな風が、心身を癒しゆったりとしたひと時を運んでくれる、

清楚なラベンダーの香りです。

初夏に咲くラベンダーのやさしく清々しい香りで、お部屋が癒しの空間に早変わりします。

 

 

 

色々な香りが少しづつ入った、

〈 試香 〉

もおすすめです。

香立もセットになっているので、お試し用・贈り物となにかと重宝します。

 

 

 

 

もうそろそろ梅雨明け。

だけど、だらだらと続く湿気っぽい時期。

香りを使って空間を整えましょう。

 

 

7月11日(土)よりオンラインショップもオープンしました!

コロナウイルスにより外出に不安を感じていらっしゃる方、

ぜひこちらもご利用ください▽▽▽

https://mishimakagu.net/

 

\LINEの公式アカウント!/

イベントや新作入荷情報など、

家具・雑貨の最新情報をいち早く配信致します!

現在LINE限定クーポン配信中!

ぜひご登録ください!

 

お友達追加はこちらから↓

友だち追加

関連新記事