南部鉄器カラーポット

  
「南部鉄器」は、約400年の歴史を誇る、岩手・盛岡の伝統工芸品です。長く親しまれ、愛され続けてきたこの鉄器は、保温性に優れ、陶器や磁器に比べて格段に割れにくいという特長はもちろん、鋳肌独特の質感、風合いから生まれる、温かみと、心安らぐ美しさを持っています。他の素材では表現できない日本の「侘び・寂び」といった情緒があります。なめらかでキメの整った美しい鋳肌を実現するために、型に使う細かな砂を更にふるいにかけるという、通常の鉄器製造にはない特別な工程を加えています。 美しい発色は、下地と上色の2層の着色によるものです。デザインに合わせ、上に塗った色を部分的に拭き取ることで、凹凸の模様部分に下地の色が現れ、独特の風合いを生み出しています。このように約30工程にも及ぶ丁寧な手作業を経て、美しい鉄器が生まれるのです。 フランスをはじめとする欧州各国で人気の「南部鉄器カラーポット」の特長は、その美しい色と伝統伝統的なアラレ模様のポット。紅茶はもちろん、日本茶や中国茶にも最適です。
産地
岩手県
サイズ
ARE NO.3/W12.5×D10.5×H12cm ARARE NO.5/W16×D14×H14.5cm
素材
鉄・ホーロー加工 茶こし:ステンレス
税抜価格
ARARE NO.3/¥5,800 ARARE NO.5/¥7,600

関連商品

南部鉄器カラーポット
%e6%89%8b%e9%8f%a1
手鏡 ITUTU
%e9%98%b2%e8%99%abt%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%842
楠木防虫Tシャツ型