睡眠不足でなく睡眠負債って?

2017.10.26

 

みなさん こんにちは。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

 

なんだか一気に冬感が増してきましたね。

なかなか寒くて朝布団から出られなくなりました。

体調を壊しやすい時期でもあるので

皆さんお身体ご自愛ください。

 

さてさて本題に。今回は『寝る』について。

TV・雑誌やCMなど最近少し話題になっている

睡眠負債って知っていますか?

 

日々の睡眠不足がまるで借金のようにじわじわ積み

重なってしまい心身に悪影響を及ぼす「睡眠負債」。

睡眠負債になってしまうと日々の生活の質が下がり

病気のリスクを高めてしまうこともあるそうです。

気をつけたいとは思いつつも、日々の生活で忙しく

仕事や家事をしていたり、ついつい夜更かしを

してしまったりしがち。

個人差がありますが7~8時間の睡眠が基準。

7~8時間床についてもなかなか爆睡にはいるのは

難しいですよね。

実はほんの少し工夫するだけで質の良い

睡眠できます。

 

2

 

満足度の高い睡眠の質を上げる方法

 

1・肌さわりの良い寝具(パジャマ・マットレス・羽毛布団)

体にあったマットレス選びも大切。

フカフカの羽毛布団に包みこまれて寝る幸せなひと時なので

シーツやカバーも肌触りの良いを少しこだわってみましょう。

 

7

《肌さわりの良いコットンのコンフォーター》

 

2・体温・室温・湿度

寝る時の適切な温度が人間にはあります。

基本的には温度25-28 湿度50-60辺りが最適。

寝ている間コップ1杯の汗をかくそうなので

そのためにもゆったりとしたパジャマが良いようですよ。

暑すぎても寒すぎても睡眠には悪影響。

 

3・観葉植物・アロマで癒しの香り

ベッドルームに好きな香りのアロマを

置く。

1

《 天然のアロマオイルを丁寧にブレンドしたディフューザー・クリーム。癒される事間違いなしですよ。》

 

3

《 ベッドサイドに相性のよい小さめな天然素材のラグ 》

ウールの手織りなので優しい感じ。ベッドから降りた時、ひんやり感もない

ですしね。

 

快適な睡眠をとるように心がけることで、1日中

スッキリとした気持ちで過ごすことができますょ。

毎日使う寝具なので少しこだわってみたい方、

睡眠に悩みを抱えている方 ご来店ください。

 

只今デスク・こたつの期間限定キャンペーン開催中です🎵🎵

残り数日になりましたので是非ご来店ください。

こたつ

 

 

 

 

 

 

 

関連新記事